会長ごあいさつ
 

            イメージ         

  大村東彼防衛協会青年部 

   会長    後藤  敏之

                                                               

   大村市には、佐世保・呉を基地とする護衛艦艦載型の対潜水艦哨ヘリコプター有する海上自衛隊第22航空群航空基地、歩兵を中心に部隊を編成する第16普通科連隊大村駐屯地、誘導式中距離地対空ミサイルを有する第7高射特科群竹松駐屯地、施設大隊として第4施設隊の1駐屯地2部隊があります。
これだけの部隊が集まるわが大村市は全国的にみても稀と言われます。
そう言う現状の中、大村東彼防衛協会青年部は昭和60年4月に前身の大村東彼防衛協会青年部連絡協議会が設置され、平成元年に大村東彼防衛協会青年部として改称設立されました。 以来大村市内3部隊の支援団体の一翼を担い活動に努め現在に至ります。

 今年度より更なる会活動の充実をはかるために新しい試みで3つの委員会を設立いたしました。

親睦委員会
3部隊、他の支援団体との連携を図るためにレクレーション、懇親の場を企画、実行し絆を深める。

研修委員会
年数回の研修会を開催し会員の防衛意識の向上、国防の今をリアルに把握し大村市民に伝えられるレベルまでまで習得する。

総務広報会計委員会
ホームページを立ち上げ3部隊の行事や会活動の画像等を掲載し市民へのPR活動を行い会員増強に努める。
  以上の事柄に邁進することにより3部隊と市民との架け橋的な存在の会でありたいと思っております。